cotomiの暮らし

編み物と絵、考え事や読書など、好きなものを好きなだけ好きなように紹介します。

耳あて付きニット帽

暖かい日も寒い日も、等しく冬の気配を感じる時期になりました。関東地方もだんだん冷たい空気が流れてきています。

cotomiは冬用のヒーターを出して、久しぶりに家に篭り編み物をしていました。

むくむくしてちょっと変わった毛糸を使っていたので、作品を編む手は常に暖かく、指はかじかみ知らずでした。

 

f:id:cotomi5103:20171118200548j:image

↑今日編んでいたニット帽です

 

4時間で出来上がりました。別鎖から輪針で初めて、減らし目でトップを編み、別鎖を解いて耳あてを編むスタイルです。太い毛糸はザクザク編めるので、欲しい時に編む!を実行しやすくていいですね。

 

冬は冬の毛糸を、夏は夏の毛糸を使って、その季節をより感じるのが編み物ならではの楽しみ方です。

 

明日はこれをかぶって、過ぎるのが早い秋を追いかけに、ドライブ行ってきます♩

バラのドイリー

まだ投稿していなかったバラのドイリー

花びらの細かさがお気に入りの作品です。

 

 

 

f:id:cotomi5103:20170708170825j:image

↑正味3時間くらいはかかっているかも

 

 

飾っていても存在感のある、とても素敵なドイリーになりました。

 

ストール完成の達成感はすごい

久しぶりのブログ更新!

最近忙しくてあまり編み物が出来ていませんでした。

友人のために編んでいたストールがようやく完成し、

今はアイロンをかけてラッピングしています。

 

 

f:id:cotomi5103:20170909183432j:image

↑アイロンかけ中

 

 

作業期間はなんと半年!長かった。

長かったけれど、とても楽しかった。

娘を嫁に出す気持ちってこんな気持ちなのでしょうか。と思いつつ、

友人の喜ぶ顔を思い浮かべています。

 

これからの季節にピッタリのストール。

次は自分用に編んでみようと思います。

夏のハガキ

夏がやってきたご挨拶に、暑中見舞いのハガキを作りました。知人へ送り、これからの暑い季節を一緒に乗り越えたいと思います。

 

f:id:cotomi5103:20170712142444j:image

↑水彩でひまわりを描いてみました

 

たまに絵は描きますが、ハガキにするのは初めてだったので、印刷に手こずってしまいました。

 

思うような色が出ず、最終的には友人に色調調整をしてもらい、印刷をしました。

 

コンビニでのスキャン作業は初めてでしたが、データはなかなかいい感じに仕上がり、ハガキを送った友人にも喜んでもらえました。

 

皆さんも暑い季節、お身体に気をつけて、ご自愛下さい。

 

 

お花のドイリー

やっぱり細かい作業が私は好きみたいです。

最近はもっぱらドイリーばかり編んでいます。

 

f:id:cotomi5103:20170727193656j:image

↑出来上った時の達成感はすごい!

 

ドイリーを編んでいると、心が落ち着くというか、和やかな気持ちになります。

療法として編み物が選ばれるのも、わかる気がしますね。

 

 

これからも色々な編み図に挑戦していきます。

 

 

向日葵のドイリー

まだ関東の梅雨は明けていませんが、編み物で一足早く夏を感じたいと思い、向日葵のドイリーを編んでみました。

 

 

f:id:cotomi5103:20170719113904j:image

↑向日葵って元気になりますよね

 

 

最近は花モチーフのドイリーにハマっておりまして、このドイリーは二つ目に編んだものです。

季節の花を編むと、お料理に旬の材料を取り入れるのと同じように、その季節をとても感じられます。

お部屋に飾るドイリーは、部屋全体も明るく華やかにしてくれるので、おススメです。

 

 

夏の花といえば向日葵。ヒマワリはとっても一途で、とっても元気がありますね。

この花のように、元気でパワフルに夏を乗り越えたいと思います。

 

 

今の世の中で生きる

f:id:cotomi5103:20170713121505j:image

 

 

今の時代、今の日本にそぐわない価値観。多数決のような決まりごと。あるべき論に惑わされ、本当に自分がやりたいと考えることが、押し潰される現代。

 

一つ一つが決められ、人と並び、人を追い越さず、みんなが手を取り合い助け合う世界。

 

助け合うことは素晴らしい、しかし人を一並びにさせることは芳しくない。

 

当たり前はどこから来たのか。人生は個人のものである。社会の規範とする道徳は持たなければならないが、ターニングポイントは人それぞれ。

 

周りに惑わされない、芯のある心が重要である。